道草メモ

衣・食・住・音・祭・場を手作りする道草屋のいろんな知恵とメモ

妊娠・出産・産後のためのメキシコ・マヤの教えメモ

以前メキシコに住んでいて、出産したときに教えてもらった知恵のメモ。

 

メキシコの市場にはドライハーブやスパイスが、なんやかんやわけのわからない草と共に薬草屋さんとして売られています。

普通に薬草を日常的に利用しているんです。ホメオパシーの医院も普通に利用されているし、いわゆる自然療法とか代替医療とか呼ばれているものが、西洋的な病院と同列で存在しています。

そんな環境の国で助産院で出産したときにけっこういろんな薬草の使い方なんかを教えてもらいました。だいたい忘れたんだけど、使えるなーと思ったいくつかのメモです。

 

*ジンジャーティー*
つわりの吐き気や、胸焼けに。

*シナモンティー*
産後の子宮収縮に。

・・・・・・・・・・・・・・・・

*シナモンジンジャーハニーtea*

は、産後の子宮収縮やおっぱいの出、体を温める効果などなどの合わせわざとして、産後のお母さんたちによく出してました。ふつうにすごいおいしいので人気でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・

●おっぱいの出がよくなるもの●
イノホ、フェネグリーク、ごま、シナモンを煮出したお茶。
黒ビール。
アトレ(とうもろこしの粉をといたメキシコの飲み物)
オートミールをどろどろに炊いたおかゆ。
チアシード。

 

http://pds.exblog.jp/pds/1/201205/31/35/d0109335_33214100.jpg
●産後の会陰のいたみに●
アロエローズマリー、この写真のむらさきの花(庭に咲いてたやつ)を
最低2時間煮込んで、腰湯する。

●赤ちゃんのじゅくじゅくした赤みに●
アロエクリーム(うちではアロエにしました)をぬって、
コーンスターチ米粉をはたく。


陣痛の時間には安産のお茶、ラズベリーリーフにはちみつを入れて飲んでいます。

 

日本にも昔ながらの知恵とかいっぱいあるけど、ちがう文明の歴史の中で発見されてきた知恵も取り入れていけたら最高ですね。

 

※上の薬草の利用法はマヤ民族の知恵もあるけれど、ヨーロッパの人々がもたらした知恵もあります。どれがどれなのかもはやわからないので悪しからず。